?
本読むの好きな奴こい 3ケタの壁





本読むの好きな奴こい

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:01:37.91 ID:/iKggWh20
太宰の満願読んで最後の一文議論しようぜ
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1564_14134.html

横書きが読めないって人も頑張って読んで、短いから
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:02:18.94 ID:Tdk8nyN90
面白そうだないいだろう
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:06:03.24 ID:hxNCeB7Ui
読んだよ
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:06:56.52 ID:Tdk8nyN90
読んだけどよくわからないな
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:11:30.81 ID:/iKggWh20
女の旦那が病気だったのは3年間、太宰が新聞を読んでた=女に許しが出たのは4年前
つまり女に許しが出てから1年たってる。

>年つき経つほど、私には、あの女性の姿が美しく思われる。
はこの1年の話だろう
「あれ」が指すのは医者に許しを出させたことか
もしくは「ああ、うれしそうね。」と小声でそっと囁ささやいて、筆者に顔を上げさせたことか
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:14:30.56 ID:J0xJdh670
昔の肺の病気と言ったら肺結核。
3年ぐらいかかるってのも裏付けになる。
感染症だから土蔵なんかに隔離されてたんだろう。つまりそういうことだ
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:16:46.92 ID:/iKggWh20
>>11
なるほど
そういう情報はありがたい
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:16:14.65 ID:pIfXOuzl0
こういうのを「文章になってない。議論する価値がないほどの駄作」と言い切れないと、不毛な文学論のドツボに嵌るんだよ
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:22:33.44 ID:/iKggWh20
>>12
俺は言い切れないんだよなぁ
「深い」って言ったら負けだと思ってるけど、わざとぼかして可能性を複数残してる感はあるよね

「作者の気持ちを考えなさい」の不毛さはわかるけど、太宰に関しては俺は俳句の楽しみ方に似たものを感じてる
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:17:49.93 ID:J0xJdh670
>>12
フィネガンスウェイクは?
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:19:55.33 ID:pIfXOuzl0
>>16
不毛の極み
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:21:38.79 ID:J0xJdh670
>>17
俺もそう思う
文化レベルが低いからあんなものを崇める
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:31:44.10 ID:/iKggWh20
>>16,18
読んだことないけど、難解なものを「俺には分からん」というのは馬鹿だと思われそうで、
日本人はわからなくてもわかったふりして崇めるって絶望先生で読んだ
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:17:48.80 ID:Tdk8nyN90
大声で叱咤させたのは奥さんの差し金ってことか?
同じ女同士だし心内もよく分かるし、耐え忍ぶ女性は美しいもんだと思う
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:25:02.50 ID:4qQar0fg0
読んでまず思ったのはこの時代の日本語ってむちゃくちゃだしあまり美しくもないなぁ、ということだった
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:31:44.10 ID:/iKggWh20
>>20
ぼやかしにぼやかした古文は美しいかもしれないけど
現代文にも劣る?
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:25:20.62 ID:1mlfvZ+l0
これ、最初に読んだのは小学生の時だったから何を禁じられてたのかわからなかったわ
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:34:57.15 ID:1mlfvZ+l0
薬を取りに来る女の人がどういう人なのかは医者の奥さんから聞いただけで、本人や医者からは聞いてないのがミソだな
奥さんが話したことは全部ハッタリだったりして
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:43:09.44 ID:4qQar0fg0
例えばさ、
>お医者の家では~
からの段落とかもうなんかすげえと感じるんだわ。

>簡単服に下駄をはき、清潔な感じのひとで、よくお医者と診察室で笑い合っていて、ときたまお医者が、玄関までそのひとを見送り、

なんて現代人は絶対書かないだろ。
これは文章のリズムというか切り方が古文みたいに蜿蜒とのた打ってるのに、語彙は当時の口語に基づいてるから心地悪い。
話し言葉をそのまま文章にして読まされてるような感じすらする。
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:48:24.89 ID:/iKggWh20
そういわれて読んでみるとひどい文だな
もう俺は慣れちゃったけど、今書いたら馬鹿にされそうだ
いくら内容をどうこう言っても文がよみづらくちゃあな
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/04(月) 19:57:37.39 ID:4qQar0fg0
平安時代の古典みたいと言ったら言い過ぎかも知れないが、滝沢馬琴とか樋口一葉とかもこんな感じだよね
あれは文語表現の簡潔さや和語の柔らかさと相まってだらっとしたセンテンスも美しいな感じられると思うんだが、この言文一致体にはそういうのもない。
なまじ現代語に近いので異様さが際立ってる。
本読むの好きな奴こい
引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1383559297






おすすめサイト様



このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

[ 2013/11/05 20:00 ] 質問系 | TB(0) | CM(1)
26035名無しさん
精読していくスレかと思ったら違った
[ 2013/11/05 21:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL