?
本を読まない奴はバカ、お前ら本を読め、一秒を惜しんで本を読め 3ケタの壁





本を読まない奴はバカ、お前ら本を読め、一秒を惜しんで本を読め

このエントリーをはてなブックマークに追加


果しなき流れの果に (ハルキ文庫)


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:13:54.93 ID:slJNP/jH0
ただしラノベは除く
2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:14:31.33 ID:edslNAnv0
そ、そんな・・・
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:14:36.37 ID:RWWGYF8d0
こんなスレたててる間に本を読め
5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:14:56.26 ID:3xW0B9+x0
無知はいけないと思いつつ新しいことを知るのが怖いです。
6:ヘルなんです ◆HELLuUKK6WK9 :2013/05/16(木) 22:15:18.60 ID:VROYxxwV0
おすすめジャンルは何だ
14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:17:43.03 ID:slJNP/jH0
>>6
ラテンアメリカ文学
241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:09:24.11 ID:NQv2amsh0
>>14
俺のボルヘスさんも入るかな
291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:26:08.21 ID:1UjvakqeO
>>241
トレーンの人か
309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:34:44.14 ID:NQv2amsh0
>>291
イエース

あの難解な文章を足りない頭で読み進め
やっとの思いで話の内容をインプット出来て
ああ、こんなとんでもない作家がいたのかと驚愕していたら
wikiで本編内容から推測されてる別説を見て更にとんでもない作家だと認識させられましたw
317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:39:29.41 ID:1UjvakqeO
>>309
ボルヘスは詩をメインに読んでたわ
短編は最近読んだ
バークリーの観念論の解釈からあの世界観にもって来るのはすごい
注釈の神学者やら哲学者殆ど知らない奴ばかりでワロタわ
320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:45:21.52 ID:NQv2amsh0
>>317
数ページの短編が一本の映画になるほど内容も濃いしねw
詩はなんか面白いの有る?創造者は最後まで読めたけどあまり合わなかった
335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:01:03.16 ID:1UjvakqeO
>>320
思潮社からでてる詩集見たいなやつからさがしていけばいいと思う
8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:16:03.12 ID:p7OlgCJM0
罪と罰買ったけど面白い?
11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:16:49.58 ID:sr9P4Y250
>>8
途中で挫折する
238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:08:19.27 ID:NQv2amsh0
>>8
ガチで傑作

と言っても個人的に引き込まれるのはラスト120ページくらい
ただそこに行きつくために後の約900ページを読む価値がある
46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:25:42.70 ID:DWeZy16D0
罪と罰の翻訳者って誰が一番いいの?
48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:26:12.35 ID:42SBql3G0
>>46
原!
15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:17:54.06 ID:w7Q9UomMP
マンフォードの「都市の文化」を途中まで読んで、五十年も昔の本なのだが
その知性と言葉の切れ味に感嘆してたところだ
18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:19:11.07 ID:ySHrtit40
ごめん大衆文学しか読まない
19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:19:18.70 ID:mAY7CRcv0
良い本の定義や基準を教えてたもれ
23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:19:37.34 ID:GzxyqgB40
バズドラやってる奴が言っても説得力ないっすよ
51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:26:35.15 ID:slJNP/jH0
>>23
あれはマジで時間泥棒
反省を込めてスレ立てた
24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:19:49.15 ID:yoh2Xfz40
ライ麦畑で捕まえてとか車輪の下とか面白いぞ
30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:21:04.52 ID:PQcDOJGKi
>>24
なにその高校生みたいなチョイス
35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:22:31.68 ID:yoh2Xfz40
>>30
いや、面白いからいいだろ
大人が読んじゃいけないのかよ
33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:21:38.68 ID:42SBql3G0
車輪の下って結局野垂れ死にするお話でいいんだよな?
39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:23:20.97 ID:/68Nh04L0
>>33
濃厚なホモのお話
44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:25:26.56 ID:42SBql3G0
>>39
そんなんだっけ
58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:27:56.58 ID:w7Q9UomMP
>>44
ギムナジウムでBLとかやって精神病んだ結果、退学することになり
職人の修行とかに励むことになるが、新歓飲みで調子乗った結果死ぬみたいな話
26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:20:16.86 ID:DWeZy16D0
貫井徳郎面白いよ
28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:20:37.42 ID:+vYB/kYu0
銀河英雄伝説オススメ
お前ら好きだろ?
31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:21:10.93 ID:ENihXNu40
オススメの哲学本教えてくれよ
34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:22:10.81 ID:w7Q9UomMP
>>31
國分功一郎の「暇と退屈の倫理学」話題だったから買ったけど結構良かった
36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:23:18.32 ID:slJNP/jH0
>>31
最近読んだんだが、
青山拓央の『分析哲学講義』ちくま新書 はすごく良かった。

原典を読んでいきたいなら、やっぱアリストテレスかデカルトかな
49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:26:20.00 ID:ENihXNu40
>>34
>>36
哲学初心者だから挫折しないか心配だわ。とりあえず明日ジュンク堂行って読んでくる
41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:24:18.77 ID:sYHjf2XZ0
トグラマグラ読もうと思う
276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:04:27.62 ID:3+MYK+EwO
今さらだけど>>41はド グラ・マグラだよね
43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:25:00.42 ID:w7Q9UomMP
>>41
もっと強い決意を持たなければ途中で挫折する
55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:27:27.65 ID:sYHjf2XZ0
ドェ・・・

>>43
そんなにすごいのか
63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:30:21.01 ID:w7Q9UomMP
>>55
……サアサ寄った寄った。寄ってみてくんなれ。聞いてもくんなれ。話の種だよ。お金は要らない。ホンマの無代償ただだよ。こちらへ寄ったり。押してはいけない。チャカポコチャカポコ……
……サッサ来た来た。来て見てビックリ……スチャラカ、チャカポコ。チャチャラカ、チャカポコ……

こんな文章が10章分続く
74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:34:39.09 ID:sYHjf2XZ0
>>63
一気に読めなさそうだ
77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:35:30.64 ID:w7Q9UomMP
>>74
冒頭の文章の引きこむ力は半端ではないけどな
61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:30:09.37 ID:NA3RMrLGO
ドグラマグラはちゃかぽこを乗り越えられるかどうかにかかってる
45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:25:34.10 ID:KfcziIti0
法哲学の本はお薦めできる

わかった気にさせるような薄っぺらい本や、論理も糞もないような一部の政治哲学書や正義論のほん読む時間が馬鹿馬鹿しい
54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:27:22.13 ID:ENihXNu40
>>45
オススメない?
76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:35:17.28 ID:KfcziIti0
>>54
有斐閣アルマの「法哲学」って本がいいんじゃないかな
ただ専門書一歩手前みたいなものだから取っつきにくいかもしれないけど
56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:27:29.48 ID:rkcamqHdO
>>45
法哲学ってどういう問題を扱うの?政治哲学とどう違うの?
76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:35:17.28 ID:KfcziIti0
>>56
範囲は特にない
敢えていえば権利論や、正義論、国家論のような政治哲学や、自然権論、市場などが含まれる
学者によって重点を置くところが違う
64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:31:08.61 ID:62jCWz0iP
十角館が面白かったからエラリィクイーンとかポーに手を出してみたけどあんまり面白くなかった
71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:34:04.85 ID:/EreyHmY0
>>64
海外古典は人選ぶからね
有栖川とか法月綸太郎とかいいんでね?
69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:33:03.38 ID:C1GVUc840
趣味は読書って言っときながらラノベしか読んでない奴ってどうなの
85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:37:40.55 ID:3zXyqf9lO
>>69
本に上下差をつけてる時点でもうそいつの程度が知れてるから
ラノベしか読まなくても別に問題なし

本を単なる娯楽として読むなら何を読むも自由
70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:33:30.40 ID:Rj/qFJpfP
おススメの シリアスなサスペンスでシニカルでセンスもいいやつ教えて
103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:43:33.17 ID:VgSbe8hNO
>>70
戸梶圭太の『溺れた魚』
72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:34:14.10 ID:ENihXNu40
このスレ開く前に「これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学」
とかいう本ポチちまった
75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:35:15.83 ID:VOxwXNUb0
>>72
面白かったよ
81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:36:28.01 ID:ENihXNu40
>>75
ありがとう。楽しみに待つわ。
90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:39:35.78 ID:oiTLQ0H90
>>72
よしよし、それを読んだら次のステップアップにはJSミル『自由論』Mフリードマン『資本主義と自由』を読もうな
102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:42:54.45 ID:x5vSpKCG0
>>90そういうのって読んで本当におもしろい?
ただのオレカッケーのイメージだわ
105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:43:57.58 ID:w7Q9UomMP
>>102
頭いい奴の書いた本って、内容に同意するかどうか以前に
書いてる奴の頭の良さとかに驚嘆して読み進めちゃう
112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:46:00.09 ID:x5vSpKCG0
>>105なるへそ
80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:36:00.45 ID:RiSbI3+Y0
>>1
ラノベ見下す奴なんなの・・・
「魔法科高校の劣等生」「インフィニットストラトス」
「とある魔術の禁書目録」「ソードアートオンライン」
これらのラノベ読めばその認識も変わるわ
つうか読め 人生観変わるから
135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:56:08.25 ID:slJNP/jH0
>>80
やっぱ表紙がなぁ……
『百年の孤独』や『スターメイカー』や『ミル・プラトー』より絶対に面白いと保障するなら手に取ってみるけど
189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:15:25.90 ID:kYXjiaziP
>>80
マジレス返されてかわいそうw
84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:37:33.49 ID:ff5BA6LEO
同性愛がテーマのオススメ教えて
荊の城は読んだ
343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:04:30.15 ID:nAcRl34m0
>>84
野阿梓オススメ
SF耽美小説が多いけど。
88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:39:20.31 ID:/EreyHmY0
>>84
東野圭吾の「片想い」
性同一性障害の人の話で同性愛的な部分もある
108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:44:06.79 ID:ff5BA6LEO
>>88
ありがとう
読んでみる
97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:42:03.25 ID:UvhtHGmo0
松本清張ってどうなの?
オススメあったら教えてくれ
114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:47:18.22 ID:VgSbe8hNO
>>97
普通に短編からでいいんじゃね
『張込み』とか
101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:42:50.33 ID:/EreyHmY0
>>97
「砂の器」かなぁ
114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:47:18.22 ID:VgSbe8hNO
>>101
あれは映画みりゃ十分な気が
原作はトンデモミステリすぎてちょっと
113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:47:12.62 ID:rRS3LJXn0
青空文庫といえば久生十蘭はホントに面白いから読んで欲しい
顎十郎捕物帳とか今読んでもキャラの立て方とミステリ要素の見せ方がすごい
117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:48:57.37 ID:Vb27EVd10
古典に興味あるんだが同じ本でも出版社によって違いとかあんの?
126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:51:55.86 ID:VgSbe8hNO
>>117
海外のなら翻訳によって読みづらい読みやすいはある
日本古典は注釈しだい
127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:52:03.17 ID:oiTLQ0H90
>>117
文字のフォントの違い、ページレイアウトの違い…
じゃなくて、訳者が違うから大きく違うよ
こだわりないならAmazonの書評みて読みやすそうな方選ぶヨロシ
118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:49:09.24 ID:llPmprOK0
いま集合的無意識を、っての積んでしばらく経ってるわ
誰か適当に内容言ってみて
136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:56:08.21 ID:VgSbe8hNO
>>118
短編集だから内容一個一個いってくのたるい
表題は神林なりの俺はSFを書いてくよ!宣言だと思った
169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:06:06.43 ID:llPmprOK0
>>136
伊藤計画がどうこうで気になって買ったけど短編集だったのか
180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:08:51.91 ID:VgSbe8hNO
>>169
表題で伊藤計劃に触れてる
神林自身をモデルにしたとおぼしき主人公がSFと創作について考えるメタというか楽屋オチSF
125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:51:27.29 ID:pRdp7dB10
指輪物語からミヒャエル・エンデ全般に流れ、
今ラノベにたどり着いた俺にオススメのファンタジー小説を教えてくれるスレはここか
355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:10:43.48 ID:nAcRl34m0
>>125
王道ファンタジーじゃないけど、ロバート・アスプリンのマジカルランドシリーズオススメ。
426:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 05:10:34.78 ID:ELpnFqpPO
>>125
ハヤカワ文庫、ピアズ・アンソニィ「魔法の国ザンス」シリーズ
まあ、1巻の100ページ程度まで我慢して読んでみて気が合わないなら止めたら良いし 試してみてよ
359:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:13:15.17 ID:DC1BhaT10
>>125
エンデ好きならラルフ・イーザウはどうだろう
読んだの中学くらいだが近しい雰囲気があったと思う
361:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:14:59.99 ID:YY9MQFVrP
>>359
ネシャン・サーガの面白さは異常
138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:57:01.58 ID:uGDVVasg0
ミステリーのおすすめください
綾辻行人は全部読みました
172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:06:16.82 ID:Qlgme1ur0
>>138
麻耶雄嵩を読め
152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:01:45.96 ID:/EreyHmY0
>>138
国内なら有栖川有栖、二階堂黎人、島田荘司、法月綸太郎、折原一、貫井徳郎
海外ならクイーン、ヴァンダイン、カー、ディヴァイン
141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 22:57:53.47 ID:pRdp7dB10
お前らオススメのファンタジー無いの?
145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:00:08.08 ID:VgSbe8hNO
>>141
最近だと『鉄の魔道僧』
日本のだと乾石智子のどれか
153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:01:56.97 ID:pRdp7dB10
>>145
ありがと
ハヤカワか…名前だけしか知らんからなぁ、一回手を出してみるわ
154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:02:07.82 ID:xnmU2/jX0
>>141
紅玉いづき三部作はなんか良い
『ミミズクと夜の王』
『MAMA』
『雪蟷螂』
168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:06:01.29 ID:w7Q9UomMP
>>141
亀な上に途中で読むの挫折したからアレだけど
ブラッドベリの「何かが道をやってくる」とかファンタジー好きはハマるんだろうなと思う
148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:00:37.28 ID:yojYbwOj0
純文学を読んでみようかと思うんだが
読みやすいの教えてください
156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:03:02.20 ID:dnRUnBLB0
>>148
初期の高橋源一郎おすすめ
一冊読んでダメだったら三島由紀夫でも読めばいいと思う
160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:03:28.63 ID:eUk/X/SO0
>>148
志賀直哉の短編集おすすめ
167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:05:26.67 ID:VgSbe8hNO
>>148
倉橋由美子『酔郷譚』
短い話なので読みやすい
161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:03:42.11 ID:TluMQyfb0
京極夏彦はラノベに含まれますか?
163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:04:15.57 ID:PoToyjQZ0
>>161
その話題って必ず出るよね
175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:06:55.09 ID:3zXyqf9lO
>>161
ぶっちゃけ含まれないよ
ラノベつうのは対象読者を若年層、既ラノベ読者と想定しているマーケットのことなので
ここから外れてるものはラノベではないのだ
170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:06:09.82 ID:eJGUWt4a0
プラトン『国家』 アリストテレス『ニコマコス倫理学』 ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』
ヘーゲル『精神現象学』 デカルト『省察』 パスカル『パンセ』 ライプニッツ『単子論』
カント『純粋理性批判』 キェルケゴール『死に至る病』 バーク『フランス革命の省察』
ジェイムズ『宗教的経験の諸相』 ニーチェ『道徳の系譜』 ベーコン『ノヴム・オルガヌム』
フッサール『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』 メルロ=ポンティ『知覚の現象学』
ハイデッガー『存在と時間』 アーレント『精神の生活』 ヨナス『責任という原理』
サルトル『存在と無』 ベルグソン『時間と自由』 ミンコフスキー『生きられる時間』 レヴィナス『全体性と無限』
フロイト『快感原則の彼岸』 ドゥルーズ=ガタリ『アンチ・オイディプス』
フォーダー『精神のモジュール形式』 ヤスパース『精神病理学総論』 エレンベルガー『無意識の発見』
ラカン『精神分析の四基本概念』 フーコー『言葉と物』 ソシュール『一般言語学講義』
ヴェイユ『重力と恩寵』 ディルタイ『精神科学序説』 ブーバー『我と汝・対話』 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』
ミンスキー『心の社会』 ライル『心の概念』 バタイユ『エ口ティシズム』 アガンベン『ホモ・サケル』
ラッセル『西洋哲学史』
ルソー『社会契約論』 スピノザ『エチカ』 ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』
リップマン『世論』 オルテガ『大衆の反逆』 マンハイム『イデオロギーとユートピア』 フロム『自由からの逃走』
ミルズ『パワーエリート』 リースマン『孤独な群衆』 パーソンズ『社会的行為の構造』 デュルケム『自殺論』
イリイチ『シャドウ・ワーク』 M・ポランニー『暗黙知の次元』 バレーラ、マトゥラーナ『知恵の樹』
ルーマン『社会システム理論』 ブルーム『アメリカン・マインドの終焉』 シオラン『歴史とユートピア』
ハバーマス『晩期資本主義における正統化の諸問題』 ロールズ『正義論』 ブルデュー『ディスタンクシオン』
オング『声の文化と文字の文化』 アドルノ&ホルクハイマー『啓蒙の弁証法』 フランシス・フクヤマ『歴史の終わり』
サイード『オリエンタリズム』 ジジェク『イデオロギーの崇高な対象』 アンダーソン『想像の共同体』
シンガー『実践の倫理』 マッキンタイア『美徳なき時代』 ホイジンガ『ホモ・ルーデンス』 カイヨワ『遊びと人間』
フレイザー『金枝篇』 モース『社会学と人類学』 レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』 ギアツ『文化の解釈学』
キャンベル『千の顔をもつ英雄』 ブローデル『地中海』 ウォーラーステイン『近代世界システム』
クラウゼヴィッツ『戦争論』 アダム・スミス『国富論』 ゾンバルト『恋愛と贅沢と資本主義』
ベンタム『道徳と立法の原理序説』 ミル『自由論』 マルクス『資本論』 アルチュセール『資本論を読む』
シュンペーター『経済発展の理論』 フリードマン『資本主義と自由』 ハイエク『法・立法・自由』

↑この有名なコピペに載ってる作品は名著ばかりだから参考になるで
181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:09:12.52 ID:slJNP/jH0
>>170
半分くらいしか読んでないなぁ
あとレヴィ=ストロースは『親族の基本構造』に変えてほしい
188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:14:26.98 ID:VgSbe8hNO
>>170
エンゲルスの『家族・私有財産・国家の起源』もいれてほしい
208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:36:50.13 ID:Ugn0y2kVT
本は一人分の考えしか入っていないので知識が偏る。
ネットの議論を見てたほうが多方向からの考えが身につく
209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/16(木) 23:37:58.46 ID:xnmU2/jX0
>>208
色々読めばいいじゃん
231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:00:20.78 ID:E6w7LfE40
安部公房とかどうなの?
東野圭吾ってどう?
奥田英朗よんだことある?
233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:03:16.15 ID:sR0/4qiWO
>>231
安部はどれも好き
東野は当たり外れがある
奥田はあんまり好きじゃない
368:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:20:25.70 ID:nAcRl34m0
>>231
奥田は空中ブランコシリーズ面白かった。
234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:06:41.99 ID:E6w7LfE40
安部公房のおすすめおしえて
東野の当たりおしえて
奥田インザプールすきだったけどな(笑)
239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:08:29.01 ID:TIclmUBq0
>>234
壁と砂の女は読んでおけ
244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:11:23.26 ID:sR0/4qiWO
>>234
安部は『第四間氷期』と『方舟さくら丸』
東野は『どちらかが彼を殺した』とか『名探偵の掟』とか『天空の蜂』とか
242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:09:57.03 ID:Imp0ZrPPO
明治辺りのおもしろい小説教えてくれ
有島武郎とか泉鏡花とかが好き
258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:26:49.75 ID:sR0/4qiWO
>>242
幸田露伴『幻談』
262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:28:58.94 ID:Imp0ZrPPO
>>258
ありがとう
土曜日に探してくるよ
248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:17:19.92 ID:w5nGyojL0
青空文庫で読みやすいやつ教えてください
250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:18:15.99 ID:fI2ZbQXP0
>>248
久生十蘭おすすめ
252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:18:26.60 ID:TIclmUBq0
>>248
宮沢賢治
260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:28:55.18 ID:9I/3yB4b0
268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:37:03.03 ID:9I/3yB4b0
説明書くの忘れたけど、
「おゆるしが出たのよ」をアダルトな意味で考えると面白い
5分で読めるし、爽やかだからお前らも嫁

太宰治/満願
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1564_14134.html
256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:25:07.11 ID:E6w7LfE40
安部公房
壁、砂の女、第四間氷期、方舟さくら丸
東野圭吾
どちらかが彼女を殺した、名探偵の掟、天空の蜂

罪と罰
この8冊は今年中に読んでみる
275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:02:25.33 ID:ujOBPP9J0
いまハインラインの宇宙の戦士読んでる
中盤以降自分の中の失速感がやばい
277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:09:07.32 ID:YY9MQFVrP
>>275
月は無慈悲な夜の女王おすすめ 俺は多分数十回読んでる
279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:13:32.50 ID:YY9MQFVrP
ハインラインはアメリカ人的なリバタリアニズムの信奉者なので
宇宙の戦士もその辺りに共感しながら読むと中々集中して読める
あれだけ王道なビルドゥングスロマンも珍しい
282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:17:33.40 ID:sR0/4qiWO
ハインラインだと『異星の客』や『銀河市民』が好きだな
短編の「輪廻の蛇」や「鎮魂歌」もいい
288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:24:45.21 ID:hf1m0/IZO
興味のある本を買っても読めるけど内容が全く頭の中に入らなくて結局売ってしまう…
なんか病気なのかな…
294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:27:57.17 ID:3+MYK+EwO
>>288
単に飽きっぽくて向いてないだけじゃね
303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:32:33.19 ID:hf1m0/IZO
>>294
でも全く内容入ってこないっておかしくねw
興味あるから買ったのにww
1ページ1行みたいなのとかは大好きで読むんだけどなー。
読んでるのに内容入らないって結構辛いぜ
357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:11:30.76 ID:3+MYK+EwO
>>303
一ページ一行ならおkなら、なおさら単なる飽き性に思うけど
長い文章が苦手とかある程度の量を読む集中力がないっていう
病気とかじゃなくただの性癖、性質
個人差はあれど、興味あるものとか好きで始めようとしたけど
いざ手をつけたらあまり集中できないってまあ普通にあるしね
詩とか格言・短いフレーズをを集めたやつ、一つの文章量があまり多くない、
なんかで字が細かく詰まってないものを選んだら読破できるんじゃない?
興味の方向性にもよるけど、絵本とか児童書でも面白かったり奥が深いものあるし
306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:32:52.26 ID:sR0/4qiWO
SFだとレムは好き
『星からの帰還』とか『砂の惑星』とか面白い
SFというかメタフィクションだが『虚数』が一番いい
308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:34:38.55 ID:OasAumEj0
レムのよさがわからないので、

レムをうまく説明できる人は貴重。
316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:39:15.30 ID:sR0/4qiWO
>>308
作品によって違う
メタフィクション系は色んな知識やらネタやら嘘八百つめこんでるのが面白い
小説は発想とネタの展開の仕方が非常に変だが整合的にまとめておもしろく読ませるのがすごい
310:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:35:07.50 ID:KgXjU3t40
歴史小説は好物だが新聞連載を単行本にまとめたやつが冗長ですげえ苦手
314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:38:44.67 ID:i0xmTGtoP
全く本を読まないバカにオススメな「これ読めばボキャ貧も多少解消、読みやすく本が好きになる」って本教えろ
324:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:52:00.31 ID:VlXE4wxb0
>>314
お前らが言うなら馬鹿にする東野圭吾や伊坂幸太郎東川篤哉あたり
あそこら辺は普段本をよまない人にも最後まで読ませる力を持っている
383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:28:08.51 ID:nAcRl34m0
>>314
最初は小説よりもエッセイとか短めのどうかな?三谷幸喜とか面白いよ。
315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:39:12.96 ID:L3aGyd8A0
>>314
まさにラノベがうってつけ
318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:44:00.55 ID:i0xmTGtoP
>>315
それは個人的に好まん・・・がラノベでもいいか
322:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:46:34.19 ID:L3aGyd8A0
>>318
最近の日本ファンタジーノベル大賞受賞作品ならラノベチックで読みやすい
326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:54:37.41 ID:gMMrwC6/0
山崎豊子みたいな実話を元にしたフィクション系で面白いの教えてくれ
社会問題なんかを扱ってるやつだと嬉しい
329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:57:05.61 ID:MJ3FrnRi0
>>326
最近だと「友罪」とかどうよ
同僚が少年Aと知った時・・・ 実話元にしてるかは知らん
333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:00:12.42 ID:gMMrwC6/0
>>329
ちょっとググったけど重そうでいいな、読み応えありそうだ
327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:54:49.66 ID:OasAumEj0
今なら 黙示録3174年が

うわ っておもって楽しいだろう。
海外ではかなり売れている。
337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:01:14.86 ID:sR0/4qiWO
>>327
ウォルター・ミラー・ジュニアか
テリー・ビッスンが敬意を表してるな
短編集もまとまってほしいのだがどうなるもんか
宗教ネタだとジェイムズ・ブリッシュ『悪魔の星』やフィリップ・ホセ・ファーマー『太陽神降臨』もいい
328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:56:51.14 ID:DC1BhaT10
SFならベタだがアシモフの我、ロボットはいいぞ。
映画から入ったクチだが、映画とは全然違っていて、それでも面白い。
ディックの電気羊は映画の方もあまりハマれなかったな。短編のゴールデンマンは好きだが。
331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:59:05.14 ID:YY9MQFVrP
>>328
ディックは「高い城の男」を読むとやりたいことがわかりやすいと思う
売れっ子の時期のうっかり書いちゃった短編とかも結構面白い
334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:00:36.34 ID:OasAumEj0
ディックは21世紀にまた売れたというか、映画化されて
よかっな。
344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:04:56.57 ID:sR0/4qiWO
>>334
リドリー・スコット様様ですわ
短編のほうが好きだけど『ユービック』とか『火星のタイム・スリップ』とか長編もそれなりに好き
ただ長編は失敗作多いが
339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:02:21.17 ID:6W6BYj6pP
一時期ディック読み漁ってたけど全く残ってない
映画と違ってつまんねーなーって思いながら読んでた。古典
340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:03:38.48 ID:YY9MQFVrP
ディックは十冊ほどこなしたあたりで「なんか…深みがない?」ってなる(もちろんそんなことはないが)
「ヴァリス」とか、完全に内容忘れてるし、冒頭部分もかなり意味不明な文章なわけだが
昔俺は理解しながら読んでいたのだろうか…?
341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:03:45.60 ID:WY++gm7+P
フォークナー読んでる奴とかいるのかな?

毎年夏に、一冊ずつフォークナーを読んでいくというのをここ数年やってる
去年が『アブサロム、アブサロム!』、一昨年が『響きと怒り』、一昨々年が『八月の光』

今年は『サンクチュアリ』を読む予定でワクテカしている
349:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:07:46.21 ID:sR0/4qiWO
>>341
フォークナーはどの長編よりも短編の「エミリーに薔薇を」が印象に残ってる
なんかむやみにかっこいい
342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:04:23.17 ID:zMh/agYp0
本といえば
夏目漱石の坊ちゃん読んで、この人面白いかも?って思った後
吾輩は猫であるで挫折したおもひで
345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:05:39.63 ID:YY9MQFVrP
>>342
マジかよ 猫が一番面白かったわ 十回ぐらい読んだ
346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:06:20.01 ID:gMMrwC6/0
>>342
猫は俺も分からなかったなあ、夏目漱石なら心が一番面白かった
348:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:07:38.85 ID:WY++gm7+P
漱石は『三四郎』が一番好きだな
あんまし評価されてないけど、青春小説で一番胸にチクチクとくる
356:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:11:17.85 ID:Kyqwlhct0
猫の銭湯の描写が面白かった
363:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:15:57.41 ID:WY++gm7+P
>>356
銭湯の俯瞰の描写は、大岡昇平が大絶賛しているんだよな
444:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 12:18:48.53 ID:Cji/1Sob0
>>363
明暗いいね
夏目漱石ってこんな面白かったのか!と思った
358:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:12:53.97 ID:YY9MQFVrP
吾輩は猫であるは、ちょいと知的な講談速記本でも読んでるつもりで読むと
かなり笑えるし、シュールなホラーとかもあって楽しいんだが…
350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:08:21.81 ID:YY9MQFVrP
漱石の長編小説で「この展開意味わかんねーな」ってなるのは大体
「まぁ新聞の連載だし、テコ入れかな」ってので片付けられる
352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:09:57.86 ID:zMh/agYp0
本来、俺は芥川龍之介みたいな、気楽に読める文章が好きなんだ
でも、大学生にもなったし中学校以来だけどもう一度漱石読んでみるかな
353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:10:09.58 ID:mw6BPoFmQ
終末モノ紹介してくれ
367:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:19:20.73 ID:sR0/4qiWO
>>353
ジム・クレイス『隔離小屋』
マーガレット・アトウッド『オリクスとクレイク』
371:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:22:26.49 ID:gMMrwC6/0
>>353
ご希望どおりかどうかは分からないけど筒井 康隆の日本以外全部沈没は面白かったな
シリアスな展開臨むなら進めないけどちょっとブラックな社会派ジョークも交えて面白いよ
366:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:17:55.10 ID:XlmO8fcj0
日本人作家でSFとハードSFの傑作って何よ?
377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:25:36.38 ID:sR0/4qiWO
>>366
光瀬龍『宇宙年代記』
小松左京『果しなき流れの果に』
堀晃『遺跡の声』

どれか
ハードは野尻抱介でいいよ
393:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:41:04.51 ID:XlmO8fcj0
>>377
じゃあ小松左京から読んでみるかな
382:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:27:31.97 ID:YY9MQFVrP
果しなき流れの果には傑作として名高いから読もうとしたけど挫折したなー
なんか時空を管理してる的な謎空間で超常現象が起こるシーンで頭がパンクしたわ
もういっかい読もうかな
387:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:34:05.35 ID:3+MYK+EwO
エッセイなら昔の人だと森茉莉と内田百間が好きだな
現代だと大槻ケンヂ、原田宗典、ゲッツ板谷あたり
オカルトとか猟奇・耽美系で澁澤龍彦もいいけど
どれも定期的に読み返す
406:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:56:28.53 ID:Cji/1Sob0
>>387
内田百間いいよなあ
あとカポーティが好きだ
410:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 03:04:09.93 ID:3+MYK+EwO
>>406
猫好きだから内田百間のノラの話はちょっと目が潤む
あと、10円のライスカレー食べるか否かで悩むとことか微笑ましいww
カポーティはティファニーで朝食をの人だよね
夜の樹っていう短編集しか読んでないが面白かったよ
422:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 03:28:22.50 ID:Cji/1Sob0
>>410
猫や鳥がかわいいんだよな
しかし百間は作品網羅するのが難しくて
下手すると短篇が重複しまくる

ティファニーは読んでない
ヘプバーンのイメージで読んじゃいそうなのが嫌だ
短篇いいの沢山あるね
388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:35:30.38 ID:zMh/agYp0
GOSICKとかイリヤの空、UFOの夏みたいなラノベが好きなんだが
こんな俺がはまりそうなラノベ以外のジャンルの本を教えてくれ
389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:37:07.71 ID:YY9MQFVrP
>>388
セカイ系かつ百合のSF 伊藤計劃の「ハーモニー」などいかがか
391:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:39:12.46 ID:WY++gm7+P
>>388
このミスで1位になったキャロル・オコンネルの『愛おしい骨』とか
395:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:43:06.47 ID:3+MYK+EwO
>>388
新井素子のグリーン・レクイエム
気に入るかわからんけど
397:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 02:44:01.74 ID:YY9MQFVrP
チグリスとユーフラテスもいいよなあ…
441:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 11:19:11.12 ID:MtJ2i6y30
ビジネス書で何かオススメあったら教えてくれ
442:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 12:13:17.84 ID:f9dKyTQV0
>>441
小倉昌男 経営学  クロネコヤマトの創業者の人の経営論

「病院」がトヨタを超える日 北原茂美
270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 00:38:59.41 ID:g2XOcnO1P
読書とかマジ時間の無駄
285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/17(金) 01:21:38.39 ID:3+MYK+EwO
>>270
読書が無駄なんじゃなくおまえにとってだろ
どんなことでも興味ない人からしたらそりゃ無駄だよ
本を読まない奴はバカ、お前ら本を読め、一秒を惜しんで本を読め
引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1368710034






おすすめサイト様



このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

[ 2013/05/17 22:00 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
22649名無しさん
随分情けない選民意識もあったもんだな
[ 2013/05/17 22:05 ] [ 編集 ]
22650名無しさん
だからなんでラノベは除くとか言っといて結局小説の話になるんだよ
目くそ鼻くそじゃねーか
[ 2013/05/17 22:08 ] [ 編集 ]
22651名無しさん
成人すぎてフィクション読んでる奴は頭が終わってるとしか言いようがない
他人の絵空事に感動してる奴にバカと言われる筋合いはない
[ 2013/05/17 22:16 ] [ 編集 ]
22652名無しさん
↑釣り針でけぇな。
100冊のゴミ本より1冊の名著を読みたいなと思う今日このごろ。
やっぱ古典から始めるか…
[ 2013/05/17 22:28 ] [ 編集 ]
22653名無しさん
法哲学も悪くないが、そういうならば実定法の教科書読んだらどうですかね……
[ 2013/05/17 22:28 ] [ 編集 ]
22654名無しさん
本を読めといって小説をすすめる馬鹿
そんなもん読んだって糞の役にも立たんわ
小説は娯楽
強制されて読むべきもんじゃない
[ 2013/05/17 22:35 ] [ 編集 ]
22655名無しさん
他人の推薦を貶すより自分の推薦を言えよ
[ 2013/05/17 22:52 ] [ 編集 ]
22656
本読んでる時って落ち着くよね
[ 2013/05/17 23:15 ] [ 編集 ]
22657名無しさん
ラノベだの小説読んでも仕方ないだろ
[ 2013/05/18 02:01 ] [ 編集 ]
22658名無しさん
小説がフィクションだから楽しめない奴はドラマや映画も楽しめない子なんだろう
かわいそうに
[ 2013/05/18 09:03 ] [ 編集 ]
22659名無しさん@3ケタ
はい『かわいそう』頂きましたー
反論が思いつかず反論される勇気もないのに
自分の方が上の立場に立ちたい一心で出た『かわいそう』発言頂きましたー 
[ 2013/05/18 15:54 ] [ 編集 ]
22660名無しさん
小説をフィクションだからの一言で切り捨てるのはいかがなものか
以下に娯楽といえども経験なんだしその後の人生に役立つかどうかはその人次第だろ
[ 2013/05/18 17:27 ] [ 編集 ]
22661名無しさん
別に娯楽なら娯楽でいいんだけどさあ
なんでそこで「ラノベは除く」とかみみっちい階級分けすんの? ってこと
はがない読もうがユリシーズ読もうが世の中で役に立つ度合いはどっこいどっこいじゃん
[ 2013/05/18 18:46 ] [ 編集 ]
22662名無しさん
※11686
まあこれは個人的に※11682で書いたように小説(勿論ラノベ含む)が
人生に役に立つかどうかは人次第だと思うんだよ
でもすっごい軽薄なこと言っちゃうと誰か初対面の人と話してるときに趣味読書ですって言って
ライトノベルのタイトルが出てくるのとちょっと高尚っぽい小説の名前出すのだったら
後者の方がなんとなくの印象は良いわけでそういう意味では小説の方が役に立つとはいえる
[ 2013/05/18 19:02 ] [ 編集 ]
22663名無しさん
反応来ないか待ってた身で勝手ですが、時間的な関係で一回だけ返信します
※11687
流石にそれは小さすぎる考えだと思う
趣味というからにはどの点が魅力なのかくらいは(相手が納得するかは別としても)語れないと、ただファッションで読んでいると丸わかりだよ
例として出しただけなのはわかってるけど、ちょっと恥ずかしすぎるよその考えは。ごめん、あんまりショックだったから繰り返しちゃうけど
まだ、ロボット美少女の動力炉について大真面目に語ってくれるオタクの方が絶対面白いし、人間としても尊敬できるよ
[ 2013/05/18 19:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL